お知らせ

2018.05.18.Fri

【オフィスをDIYでリノベする】
その3 床を斫る

理想の間取りが決まりましたので、まずは床の工事に取りかかります。

 

せっかく綺麗に貼られているPタイルですが、

FURUELのイメージには合わないので全て斫ることにしました。

 

 

斫る(はつる)・・・形を整えるために表面をで削ったりすること。

 

要はめくるということです。

あまり聞きなれない言葉ですが、建設用語ですのでぜひこの機会に覚えてください。

 

 

斫るために必要な工具はこちら。

 

左)スクレーパー

右)ハンマー

 

左側の工具は見たことあるような、ないような。。

スクレーパー(また皮すき)と言いまして、先を削りたい部分に当てて、お尻をハンマーで叩いて使います。

タイルくらいなら、簡単にめくれちゃいます。

 

amazon購入サイト:スクレーパー

 

 

ここで要注意ポイント!!

 

1986年以前のタイル製品には、ほとんどのものにアスベスト(石綿)を含んでいます。

アスベストって言ったら、吹き付けのものをイメージしますが、タイルや接着剤にも含まれているんですね。

 

アスベスト繊維を吸引してしまうと、

石綿肺(じん肺の一種)、肺がん、悪性中皮腫などの疾患を発症する可能性があります。

 

目で見てもわかるものではありませんので、

アスベストが入っていないことが確認できない場合は、必ず試料を採取して専門機関に問い合わせをしてください。

 

 

問題ないと分かれば作業スタート!!

 

 

なかなか根気のいる作業ですが、、

 

 

スタッフみんなでやれば、なんとか終わりました。

 

 

廃棄の時にとっても大変なので、他のゴミと混合しないようにタイルはまとめておいておきしょう。

 

 

ちょっと汚いままですが、次の工程に進めます。

 

次は天井を解体します。

 

 

#FURUEL

#DIY

#リノベ

#リノベーション

#オフィスリノベーション

#内装デザイン

#オフィスをDIYでリノベする

 

お知らせ一覧にもどる

CONTACT US

お電話でのお問合わせ

06-6766-4210

受付時間9:00-18:00 土日祝定休

メールでのお問合わせ

24時間受付 お問い合わせフォーム